カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

まっち~

Author:まっち~
機械モノ好きな母親の影響をモロに受け、無駄な出費は抑えなければと思いつつも、Appleの誘惑に負け続けている次第です(´Д`;)
更新は少なめですが、私なりの視点でMacを中心にいろいろと綴っていけたらと思ってます。
(リンクは基本的にフリーです。相互リンクを張っていただける方は、コメントに一言残していただけるとありがたいです。)

MyMac:
 MacBook Air(Late2010)
 Mac mini(Early2009)
 MacBook Pro(Late2008)
 MacBook(Late2006 休眠中)

MyiPhone/iPod/iPad:
 iPhone 3GS
 iPod touch(1G,2G,4G)
 iPod nano
 (2G,3G,4G,5G,6G)
 iPod(5G)
 iPod shuffle(2G,3G)
 iPad2(Wi-Fi)

現在までの訪問者数

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パワーサポート製アンチグレアフィルム&キーボードカバーを装着


先週末東京に行ってきたついでに、パワーサポートのMacBook Pro用キーボードカバーとアンチグレアフィルムを購入してきました。今日はそれぞれの使用感について簡単なレビューを。(それぞれの使用感には個人差があるので、あくまでもご参考までに)


アンチグレアフィルム01

まずはアンチグレアフィルムです。MacBook Proは使用し始めてしばらくは自宅での使用が中心でそれほど映り込みは気にならなかったのですが、ここ最近職場でも使用することがあり、長時間使用していると目が疲れることも多くなってきました。なので、試しに使ってみようかと思い購入しました。


MacBook Pro 07

アンチグレアフィルム02

上がフィルムを貼る前(以前のエントリー用で撮ってあった写真)、下はフィルムを貼った後です。写真は角度の違いや明るさの違いはありますが、映り込みがだいぶ緩和されているのが分かると思います。


アンチグレアフィルム03

フィルムはディスプレイのベゼルまで覆う大きさになっていて、iSightのところがくり抜かれています。

フィルムを貼るにあたり、きれいに貼りたい!という願望が起きたため、埃の立ちにくい入浴後の浴室で貼ってみることにしました。濡れている床に落とさないように注意しながらゆっくり貼ってみましたが、浴室で貼るのは効果は絶大で、埃が入り込まず貼ることができました。とはいえ、水に濡れる危険性があり、あまりお勧めする方法ではありませんので、この方法で貼るのはあくまでも自己責任で。^^;

埃は入りませんでしたが、空気が入ってしまったり端の方が浮いてしまったりして、一発で貼ることができず。何度か貼ったり剥がしたりを繰り返していたら・・・


アンチグレアフィルム04

小さな折り目が付いてしまい、その周囲には小さな気泡がまあ、使っている分には気になることはないのでいいのですが、これだけが心残りです。


キーボードカバー01

キーボードカバーはヨドバシAkibaで購入。JISキーボードとUSキーボード両方とも店頭に並んでいました。

他のキーボードカバーと同じくシリコン製で、表面は埃やゴミが付きにくく、付いても落ちやすい加工がされています。ただし、全く付かないというわけではないので、定期的に水洗い(汚れがひどければ中性洗剤で洗う)する必要がありそうです。

裏面は滑り止め加工されているため、装着させる際にキーとキーの隙間を指でなぞるの必要があり、少々面倒に感じました。また、キーボードとの密着度が高いためか、キーの打鍵感が多少失われてしまうかもしれません。


キーボードカバー02

キーボードカバーを装着してもMacBook Proのスピーカー部にはほとんど被らないので、スピーカーを鳴らしても問題はありません。


キーボードカバー03

キーボードカバー04

キーボードカバーがマットブラックで、装着したままMacBook Proを使っていくときに困ることといえば、バックライトキーボードが使用できない(F5とF6キーにあるバックライト調整の印刷も削られている)こと、caps lockキーの緑色のライトが見えなくなってしまうことです。あと気になることでは、他のキーボードカバーを使っているときでもそうですが、熱がこもってしまうことでしょうか。

いろいろ気になる点はありますが、キーボードに埃やゴミが入りにくくなることを考えれば、これくらいは仕方ないことかもしれません。




パワーサポート製品まみれのMacBook Pro

これでディスプレイ、キーボード、ハンドレストおよびトラックパッドはすべてパワーサポート製品で保護し終えました。ということで、パワーサポート製品まみれのMacBook Proの記念撮影写真(笑)を載せて、このレビューを終えたいと思います。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

Name
E-mail
URL
Comment
Pass  *
Secret? (管理者にだけ表示)

Twitter Widget


Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

By みんぽす

ブロとも申請フォーム

By にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。