カレンダー

01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

プロフィール

まっち~

Author:まっち~
機械モノ好きな母親の影響をモロに受け、無駄な出費は抑えなければと思いつつも、Appleの誘惑に負け続けている次第です(´Д`;)
更新は少なめですが、私なりの視点でMacを中心にいろいろと綴っていけたらと思ってます。
(リンクは基本的にフリーです。相互リンクを張っていただける方は、コメントに一言残していただけるとありがたいです。)

MyMac:
 MacBook Air(Late2010)
 Mac mini(Early2009)
 MacBook Pro(Late2008)
 MacBook(Late2006 休眠中)

MyiPhone/iPod/iPad:
 iPhone 3GS
 iPod touch(1G,2G,4G)
 iPod nano
 (2G,3G,4G,5G,6G)
 iPod(5G)
 iPod shuffle(2G,3G)
 iPad2(Wi-Fi)

現在までの訪問者数

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

開場までアップルストア銀座で待機^^;


今日は大塚 愛のライブハウスツアー初日。ZEPP TOKYOまで車で向かい、午後2時から始まったツアーグッズ販売での購入を済ませてきました。Tシャツやスポーツタオル、ツアーパンフなどいろいろ買った結果、総額が1万8千円になってしまいましたが…^^;

開場時間までまだ時間があるため、お台場からゆりかもめに乗り、現在アップルストア銀座にて待機しています。前回アップルストア銀座に来たときから1か月弱経ちましたが、1階のMacBook Proのコーナーに17インチモデル(クリアディスプレイモデルと非光沢ディスプレイモデル)が置かれてました。

ちなみにこのエントリーは4階のネットカフェコーナーにて書いていますが、ネットカフェにはiPhoneの契約スペースが新設され、これまでiMacが10台以上並んでいたのが、MacBook Pro(単体のものとApple LED Cinema Displayに繋がったもの)に替わっています。

iMacからMacBook Proに替わったのは、やはりiMac近辺に何か動きがあるのでしょうかね…



さて、開場時間まであと1時間半あるので、しばし店内を回りつつ、時間を見計らってZEPP TOKYOへ向かうことにします。それではライブを楽しんできま~す。^^
スポンサーサイト

大塚 愛の新DVD&CD発売!


もう一昨日のことになりますが、大塚 愛の最新DVD「LOVE IS BORN ~5th Anniversary 2008」と、CD「バイバイ」が同時発売されました!


大塚愛 新DVD&CD 01
(左がDVD「LOVE IS BORN~」、右がCD「バイバイ」)

公式モバイルサイトにてリリースのアナウンスがあったため、mu-moショップで予約し、一昨日到着・・・と言いたいところですが、宅配便で届いたときは私が不在だったため、昨日の受け取りとなりました。

「LOVE IS BORN~」の初回限定版はデジパック仕様で2枚のDVDが入っており、1枚目のDVDは、昨年9月10日に大阪城野外音楽堂で行われたライブが収録されています。2枚目のDVDは、昨年10月5日に台湾で行われた初の海外公演が収録されています。

「バイバイ」は大塚さん本人が出演されている、缶チューハイ”アサヒすらっと”のTVCMで流れている曲で、昨年12月17日発売のアルバム「LOVE LETTER」からのシングルカットになります。


大塚愛 新DVD&CD 02

ちなみに、mu-moショップでDVDとCDを同時予約したところ、「LOVE IS BORN~」のスタッフパスのレプリカとポストカードが特典として付いてきました。



さて、明日はZepp Tokyoでのライブがあります。このところ仕事が立て込み、ストレスを発散する場が無かったので、明日は思いっきり楽しんでこようと思ってます。^^

地デジの準備、できてます


地上アナログ放送が終わるまであと2年半を切りましたが、ギリギリまで導入するのは先延ばしにしてもいいかなと思っていた私でしたが、一昨日とうとう地デジ対応液晶テレビを導入してしまいました!(MacBook Proの支払いも済んでいないというのに・・・^^;;;)

購入したのは現在CMでも話題(?)となっている”ブルーレイ内蔵AQUOS”。当初はブルーレイレコーダーを先に購入し、後から液晶テレビを買おうかと思っていました。でもよく考えれば、私はテレビ番組を録画することがあまりないので、わざわざ高価なレコーダーを買うのもバカらしいなという結論に達し、ブルーレイレコーダーが内蔵されているこの機種にすることにしました。

買い換える前のテレビが21インチのブラウン管テレビだったので、始めは26インチモデルでもいいかなぁと思っていたのですが、せっかく買い換えるのだし、少し大きいテレビで観てみたいという気持ちになり、32インチモデルにしました。32インチのものはフルハイビジョンでも倍速液晶でもないですが、それほど画質にこだわりもないのであまり気にしてません。

ブルーレイレコーダーについては、HDDは未搭載でブルーレイディスクにしか録画ができない、編集機能は消去機能しか付いていないなど、レコーダー機能をガンガン使う人にはかなり物足りないと感じるのではないかと思いますが、あまり録画をすることがない私にとっては、ブルーレイに録画できるだけでも十分だと思ってます。

ちなみにヤマダ電機で購入したのですが、事前に何軒か家電量販店を回って価格調査をしていたこともあって、ヤマダ電機の価格よりも安い店舗の価格を提示したところ、本社に問い合わせてもらった上で143,000円+10%のヤマダポイントにて購入することができました。(カカクコムの最安値に比べればまだまだ高いですが・・・)

まだ購入してから2日も経っていないので細かい機能は使いこなせていませんが、これで私も地デジデビューできて大満足です。使っていく中で何か気付いたことなどがあれば、このブログで取り上げていきたいと思ってます。

さーて、これからさらに倹約生活を送っていかねば・・・^^;

マクさん、復活?!


maku_rip_2002_2008_img

「気になる、記になる...」さんのサイトで知ったのですが、昨年8月26日に更新が終了したApple系情報サイトであった「マク」さんが、「I love mac!マクブク」として復活するとのことです。

私もさっそく訪れてみたのですが、現在はアップル社のMac製品やiPodなどを初心者向けに説明するページが開設されていて、正式オープン後は新製品情報やMacの口コミなどを掲載する予定だそうです。正式オープン日はアップルが1977年1月3日に法人化されたことにちなんで、2010年1月3日になるとのこと。

ちなみに、「マク」時代の特徴的だった”マク語”はありません。(これは少し残念・・・)

「マク」さんの更新終了では多くのアップルファンが衝撃を受けましたが、また復活してもらえるとは思ってもいなかったので、私にとっては嬉しい情報です。正式オープンする日が楽しみですね。^^

ネットブックMacの出る可能性はあるの?


今日Yahoo!を見ていたら、「アップルのCOO、Macネットブック“構想”の存在を示唆」という記事に遭遇しました。

米国Sanford C. Bernstein & Coのアナリストであるトニ・サコナギ氏が最近、アップルCOOのティム・クック氏、CFOのピーター・オッペンハイマー氏、マーケティング・チーフのフィル・シラー氏と会談し、クック氏がiPhoneの価格改定、新しいスマートフォン・ハンドセットの提供計画とともに、ネットブックについていくつかの“構想”が存在することを示唆したとのこと。

あわせてサコナギ氏は、「クック氏は、ジョブス氏の休職に伴い、より多くの時間を費やして、新製品について検討したり、新しい市場にiPhoneを投入する手だてを考えたり、iPhoneのビジネス・モデルを検討したりするようになっていると述べた」そうです。

ちなみにこの情報を明らかにしたサコナギ氏は、Institutional Investor誌でトップ・コンピュータ・アナリストと評価されている人物らしいです。(この評価がどのくらい信用あるものかは分かりませんが)

ネットブックMacが出るのではという話題はもう何度も出ていますが、結局話題だけで終わることが多かったですし、以前ネットブックMacは出ないとクック氏は断言しているので、この情報を鵜呑みにすることはないと思います。ただ、ネットブックMacが出て欲しいという要望が根強いのは確かなんでしょうね。

こんなものも届いた


一つ前のエントリで今週買ったものや手元に届いたものを紹介しましたが、今日とある郵便物が届きました。


LOVE LETTER Tour チケット01

配達記録証明郵便で、送り主は「大塚 愛オフィシャルモバイルサイト LOVE9CUBE」。何だろうと思い開けてみると一枚のチケットが。


LOVE LETTER Tour チケット02

そう、今月28日から始まる大塚愛初のライブハウスツアー”LOVE LETTER Tour 2009 ~チャンネル消して愛ちゃん寝る!”のモバイルサイト会員限定チケットです。

以前このブログで、今年5月にアリーナツアーが行われることをエントリしましたが、その後このライブハウスツアーを行うことがアナウンスされたので、すぐに先行予約に応募をしました。その結果、ライブハウスツアーのほうも抽選に当選した次第なのです。^^

ちなみに私が抽選で当たったのは、今月28日ZEPP TOKYOで行われる公演の”1F立見一般ブロック指定席”。整理番号は早いほうではありませんが、少しでも前のほうで見ることができたらいいなと思ってます。

いろんな物が手元に


1週間近くブログの更新が滞ってしまいましたが、みなさんお元気でしたでしょうか。

先日放送されたがっちりマンデーのスティーブ・ジョブズ特集が動画共有サイトにアップされたのを何度も見返していますが、やっぱり何度見ても飽きないですねぇ。あのマック西郷さんの笑顔を見ては癒されている自分がいます。(笑)

さて、今週は私の手元にさまざまな物が来ていますので、そのうちのいくつか紹介します。


ダカフェ日記

まず初めに、1日3万ヒットの人気ブログ「ダカフェ日記」の写真集です。 ビックカメラにあるシグマの交換レンズコーナーに「ダカフェ日記」の写真が置いてあり、それを見てこのブログのことを知りました。
(ちなみにシグマの30mm単焦点レンズがこのブログで紹介されています)

ブログを拝見させていただくと、この写真集が発行されていることが分かり、先日東京へ出掛けたときにゲットしてきました。

”平々で凡々な日々を淡々と記録しています。”という「ダカフェ日記」。見ているだけで心が癒されます。


ほぼ日手帳01

続いては手帳です。が、そんじょそこらの本屋や文具店で売られている手帳ではありません。


ほぼ日手帳02

ほぼ日手帳03  

この写真を見て気付いた人もいるかもしれませんね。そう、ほぼ日刊イトイ新聞の「ほぼ日手帳 2009年版」です。

実は以前2008年版を購入していたのですが、ほとんど使う機会がなく無用の長物と化してしまいました。今年はちゃんと使ってやろうと思い、少し値は張りましたが「ファブリックカバー マキノ・モノトーンチェック」を購入した次第です。

私的なスケジュールだけを書いていくだけじゃなく、仕事でも使っていこうと思ってます。


ほぼ日手帳04

ちなみに、今年はほぼ日ストアで購入したため、特典(ボールペン、メモ帳、旧暦のしおり、しりあがり寿さんのしおり)も一緒に付いてきました。


水曜どうでしょう写真集2

3つめは、俳優である大泉洋氏の名を全国区にしたバラエティ番組「水曜どうでしょう」の写真集第2弾(の改訂版)です。

「水曜どうでしょう」は、静岡に住み始めてしばらく経ったときに知った番組ですが、現在住んでいるところに来てから本格的に見始めました。

公式ホームページを見ていると、この写真集のことが取り上げられていました。この写真集は凝りに凝って作られた物で、初版が作られた当時生産終了されていた印刷紙を製紙工場に作らせたり、ネガから直接データを取り込み印刷するという手間がかかる方法が執られています。

どれもこれも私個人の趣味や志向で購入した物ばかりでありますのであしからず、ということで。

あ、そういえばシグマの単焦点レンズですが、まだ私自身が全然使いこなせていないので、頃合いを見てエントリーに書いていきたいと思ってます。

がっちりマンデー見終えました


先々週あたりから情報が流れていましたが、今日のTBS「がっちりマンデー!!」は”儲かり偉人伝”としてスティーブ・ジョブズ氏が取り上げられました。

私もつい先ほどまで番組を見ていましたが、やはり自分の使っているMacに関することがテレビで取り上げられると嬉しいものですね。番組を見終えた後、少しウルっときてしまったのは内緒です。(笑)

日本のPC(のOS)の主流がWindowsである中、これだけジョブズ氏やアップルのことを一つの番組で取り上げられたのは初めてじゃないでしょうかね。これでMacに興味を示す人が増えるのじゃないでしょうか・・・って言い過ぎですかね?^^;

今日のゲストの西郷輝彦さんが、アップルが不振であった時期もMacを買い続け、VTRを見終えたあと感涙するほどのMacファンだったとは・・・驚きです。iBeerを実演を交えて紹介していたのには少し笑えましたが。^^

そういえば、ずっとジョブズ氏のことを”ジョブス”と勘違いしたことに、今日の放送を見て気付きました・・・^^;

デジイチの単焦点レンズが欲しい!


初デジイチとなるニコンのD40xレンズキットを購入してから早1年以上経ちました。レンズキットに付いてきたレンズは18-55mmのズームレンズで、風景やスナップ中心の撮影をする私にとっては、これはこれで常用する分には全く問題がないのですが、少しずつ使い慣れてくるとどうしても単調な写真ばかりだなぁと思うようになってきました。(腕がないのも単調の理由だとは思いますけどね^^;)

そんな気持ちでいるので、どうしても最近は単焦点レンズを買おうかどうしようか考えてばっかり。東京に出ると必ずと言っていいほど、ビックカメラやヨドバシカメラのカメラコーナーで眺めている状態です。^^;


30mm F1.4 EX DC /HSM

(画像はシグマHPより拝借)

そんな中、カメラレンズメーカーシグマの「はじめてのデジタル一眼レフ用交換レンズ購入ガイド」という小冊子を量販店でゲットしいろいろと眺めていると、”シグマ 30mm F1.4 EX DC/HSM”という単焦点標準レンズに食指が反応してしまいました。(笑)

カカクコムのクチコミやレビューでもずいぶんと評判がいいようで、価格もちょっと背伸びすれば手が出せる価格帯。それがまた食指をピクピクさせている一因となっています。(笑)

明日あたりまた東京に出掛けようと思ってるので、帰ってきたら一本レンズが増えているかもしれません・・・^^;

DIMEにてジョブス氏のプレゼンの極意が


このブログで何度か話題に上げている小学館発行のDIMEですが、昨日発売された2月17日号にて、”逆境をチャンスに変える「勝てる」プレゼンの極意とは? オバマ式スピーチVSジョブス流トーク”という特集が組まれています。


DIME2月17日号表紙
(表紙画像はDigital DIMEより拝借)

特集記事の冒頭文によると、「ともに力強いメッセージで変革を訴えてきたジョブス氏とオバマ氏のトーク術を徹底分析し、ビジネスで相手の心を動かすための”勝つ”プレゼンとは何かを探った」とのことです。

この特集記事では、2人のプレゼン年表(簡単な経歴)が紹介と、それぞれのプレゼンテーションスタイルおよびプレゼンテーションのポイントの解説、プレゼンのケーススタディとして実際に行われたスピーチを元に説明がされています。

ジョブス流トークの解説は、アップル社で3年間プロダクトマーケティングに携わり、「スティーブ・ジョブス 人を動かす神」や「スティ−ブ・ジョブズ 神の交渉力」の著者でもある竹内一正氏が行っています。

記事のさらなる詳細はDIMEを読んでいただいたほうが、私の下手な説明よりも分かりやすいと思いますので省略させていただきますが(笑)、ジョブス氏がスペシャルイベントやMacWorldなどの場で行っているプレゼンのテクニックを、たった400円出して知ることができるのは嬉しいですね。

私は職業柄、人前で商品や企画のプレゼンをする機会はありませんが、この特集記事を読んで、トークに磨きを掛けたいと思います。



ちなみに記事の中でジョブス氏やオバマ氏の似顔絵が掲載されているのですが、


ジョブス氏とオバマ氏の似顔絵
(こちらの画像もDigital DIMEより拝借)

うーん、似てると言えば似てるような・・・微妙な感じです。^^;;;

Twitter Widget


Apple-Style Plus

ApplePeople

iPhonePeople

あわせて読みたい

あわせて読みたいブログパーツ

By みんぽす

ブロとも申請フォーム

By にほんブログ村

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

ブログ内検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。